☆医学部の再受験で知っておきたい注意点?!寛容な大学は!!☆

医学部再受験で合格を勝ち取るために重要な事は適切な目標設定です。目標設定とは、今の自分の偏差値と目指したい医学部の偏差値の差をしっかりと把握し比較して、医師になるために進むべき方向を定めるということです。ここでは、その上での注意点と知っておきたい事をご紹介します。まずは、国公立の医学部を目指すか私立の大学を目指すかです、国公立の医学部は学費が安いため多くの受験生の第一目標は国公立の医学部となっています、その中でも再受験生に有利と思われる大学は面接試験のない大学です。面接試験がないということは入試での学力試験の結果のみで合否を判断しますので再受験生にはおすすめとなっています。その他、国公立でも理科を三科目受けないといけないところはおすすめしません、再受験生は現役と戦うために少ない科目に集中して時間をさく必要があるので効率的ではありません。反対に私立の医学部は通常試験科目が英語、数学、理科二科目が一般的なため再受験生にとっては科目を絞って勉強に集中することができるため現役生と戦う事も十分可能となっています、さらに私立の医学部の出題傾向にはそれぞれに特徴があり、毎年同じような出題傾向となっているため3年分の過去問を集中的にこなすことで費用対効果の高い受験勉強を行う事が可能となっているので、学費の支払いに余裕のある人は私立の医学部を目指す事をおすすめします。その他、医学部の再受験生に寛容な大学を簡単にご紹介しますと、国公立の医学部では東京大学、山梨大学、信州大学、富山大学、新潟大学、岐阜大学等、私立の大学では杏林、帝京大学、日本医科大学、金沢医科大学、藤田保健衛生大学、近畿大学等となっていますので参考にしてください。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>